大手町,東京駅,丸の内の歯医者,歯科。日本の歯科100選(インプラント部門)に選ばれました。

大手町デンタルクリニック

丸の内の歯科の初めての方へのバナー

ブログ月別アーカイブ

Powered by mod LCA

スタッフブログ

定期検診の重要性

#0020

【定期検診の重要性】

80歳で何本歯が残っているか先進国比較の表

んにちは。暖かくなり過ごしやすい天気が続いていますね。ところで、皆さんは定期的に歯医者さんに通っていますか?実は定期検診は歯を残す為にとても重要です。

  歯科では以前から8020運動というものがあります。


 この"8020"という数字は80歳の時に歯を20本残そうという意味を表します(食事が不自由なく食べれるため)。


親知らずを含めなければ28本あるのが一般的です。

 しかし、日本では80歳の時に平均して12本しか残っていないのが現状です。

海外のデーターを見ると... 
 
  米国      18本
  スウェーデン  26本

と大きな差があります。その違いはなんでしょう?

    答えは定期検診の受診率にあります

 定期検診受診率は
 
  日本      約2%
  米国      約60%
  スウェーデン  約90%

 こちらのデーターと歯の残っている本数を照らし合わせると、

   "定期検診を受診している方は歯の残っている本数が多い"と言えるでしょう。

 これは歯が悪くなる前にアプローチもしくは発見した方が結局は歯が残ること(当たり前ですが)を物語っています(ぎりぎりまで我慢すると重症化して治療の成功率が低くなります)。

   8020を目指すなら、定期検診(とプラークコントロール)をおすすめいたします。

 

©大手町の歯医者、歯科 | 大手町デンタルクリニック 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1F

歯のお手入れのコツ(その1)

#0019

【歯のお手入れのコツ(その1)】

歯のお手入れ、プラークコントロールのコツ(その1)のお手入れは磨きは毎日やるものですが、実は正しい方法があることを知っていますでしょうか?


 間違った方法をしていると、治療をしても再び虫歯になってしまったり、歯周病が再発したりします。 



 

   まず汚れの残りやすいポイントは大体決まっています。
     ①歯と歯の間
     ②歯と歯ぐきの境目    の2ヶ所です。

 

 歯の表面や噛み合わせの部分を磨くのではなく、歯と歯の間・歯と歯ぐきの境目を意識して磨きましょう(歯と歯ぐきの境目は歯ブラシの角度を歯ぐき方向に45度ななめからすると良いと言われています)。

 

 また、磨き方についてですが、歯ブラシは鉛筆を持つように持つと力が入りにくくなるので弱い力で磨くことができます。  握るように歯ブラシを持つと力が入ってしまい、毛先が広がって汚れを落とせなくなってしまうので注意です。

 

 歯のお手入れのコツ、使用する道具は他にもいつくかありますが、人それぞれ癖や苦手な場所は違います。当院では一人一人に合ったブラッシング指導を行っているのでご気軽にお声かけ下さい。

 

©大手町の歯医者、歯科 | 大手町デンタルクリニック 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1F

リンデ教授(歯周病)のセミナーに参加してきました。

#0018

【スウエーデンイエテボリ大学 ヤン・リンデ名誉教授プライベートセミナー 2017】

イエテボリ大学ヤン、リンデ名誉教授(歯周病学)

月17日、歯周病学のセミナーに参加してきました。講師はヤン・リンデ名誉教授です。


 リンデ先生はスウェーデンの歯科医師で、歯周病専門医です。スウェーデンは歯科先進国ですのでどのようなお話を聞くことができるのか楽しみにしていました。

 

 セミナーの内容は今の歯周病学の基礎が出来上がる経緯や、再生治療のことまで、幅広く歯周病治療についての理解が深まる内容でした。

  

 【さて皆さんは歯周病についてどれくらいご存知でしょうか?】

 

現代ではインターネットでたくさんの情報を得られるので、歯周病についても、その治療法についても知ることができると思います。調べた結果、もしかして最先端の薬、治療法ばかりにとらわれてしまっていませんか?

 

 【歯医者に定期的に行けば治ると思っていませんか?】

 

今回のセミナーは歯科最先端のお話を聞くことができましたがどんな治療をはじめるにおいても必要不可欠なのはプラークコントロールでした。プラークコントロールができていることが大前提で治療が始まります。

 

歯医者に定期的に行くことは大変良い事だと思います。ただそれだけだと不十分の場合がありますので注意が必要です。

 

  【プラークコントロールとは?】

 

歯周病の治療の原則は歯の周りに着く細菌性プラーク・バイオフィルムを除去することであり、歯石を定期的に除去していても、本当に大切な点がぼやけてしてしまい、再発をしてしまうことがあります。

 

 歯周病の治療は歯石だけクリーニングすればいいのではなくどのように歯の周りを綺麗に細菌がつかないように維持するのかが一番大切です。

 

  この維持をプラークコントロールといいます。

 

  当院の歯周病治療もこのプラークコントロールを中心としたスウェーデン式で行っています。

 

歯周病が不安な方、予防をしたい方は一度相談にいらしていただければと思います。検査→診断→治療計画作成と、治療までのステップは少し多くなりますが  しっかりとした治療を提案できると思います。

 

©大手町の歯医者、歯科 | 大手町デンタルクリニック 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1F

歯科医師が書いた歯を抜かない治療の紹介や歯の悩みを解決するサイト 大手町の歯科医師へのメルマガ用バナー 大手町の歯医者が作った歯の治療の動画サイト

大手町で歯の治療のことはお気軽にご相談下さい

大手町で歯のお悩み、疑問にお答えします

当院は健康保健取り扱い医療機関でございます。虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の治療を基本に、予防治療、ホワイトニング、審美治療、矯正治療、インプラント、口腔外科、再生療法もおこない「一般的な歯医者の治療~専門的な歯科治療」まで幅広い対応ができる体制をとっております。地下鉄大手町駅直結、JR東京駅、丸の内エリアからもアクセス便利な立地の歯科医院でございます。東京駅丸の内北口から徒歩4分、丸の内エリアに隣接する歯医者です(丸の内永楽ビル様より徒歩30秒、丸の内センタービル様、新丸の内センタービル様、日本生命丸の内ガーデンタワー様より徒歩2分、新丸の内ビル様より徒歩3分、丸の内北口ビル様、日本生命丸の内ビル様より徒歩4分)。

インプラントと歯周病(歯槽膿漏)専門【大手町歯周病インプラント研究所】併設   東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

トップページ初めての方へ院長挨拶・スタッフ紹介総合治療最新式入れ歯歯周病治療インプラント
根の治療ホワイトニング診療理念よくある質問患者様の声治療の流れインフォメーションメール(無料)相談